カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bangaichicafe

Author:bangaichicafe
北海道網走から北見市へ移転しました。
[住所]北海道北見市美芳町3-1-7 丸定レンター1階
[電話]0157-57-1881
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]基本水曜日
[MAIL]bangaichicafe@snow.plala.or.jp
本当に美味しい珈琲、吟味した素材で作る軽食などを他にない穏やかな空間でお楽しみください。

QRコード
QRコード
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

最近あまりチェックしてないので僕は昨日まで知りませんでしたが、5/20付けの市内情報誌「伝書鳩」さんに載っている記事「被災地の瓦礫受け入れ」と。

被災地域のために協力することは大切だし、まして福島の原発で住む場所まで奪われ戻る見込みもできない方が大勢いるような、今までにない状況。

この界隈でも廃校を使って学校ごと提供するなど、いいなと思える取り組みもあります。

が、しかしココにある「瓦礫の受け入れ」とはいかがなものでしょう?

市民に具体的な賛否を問うことも後回しに話を進めていること自体、ふざけんなって話だし、

「放射能汚染のない瓦礫を受け入れる」とらしいのですが、瓦礫ひとつひとつを誰が何処でどうやってチェックするのでしょうか?

そもそも被災地の瓦礫には雨風の影響でより多くの放射線物質が付着する可能性が高いんです。

ここ北海道、そして道東は比較的福島からも距離があり、今のところ本州各地に比べると安全に過ごすことができている場所です。
その北見に、そのひとつひとつに付着する放射線量は少なかったとしても、それをまとめて大量に埋め立てるということはその先に何が見えるでしょうか?

土壌汚染は危険です。

僕は少しでも安全な場所で暮らして行きたいし、親族や友達たちの家族、子どもたちに被爆の危険性を高めるようなことはしたくありません。

普通に暮らせりゃ先に死ぬ大人たちが子どもたちを想って行動しないでどうするんですか?

より安全な土地でいられるようにチカラを尽くすこと、

そしてその安全な土地に危険な地域で生活せざるをえない状況の被災者をより多く救いだすこと。

やるべき大切なことってそういうことなんじゃないでしょうか?




この話は非常に重要です。

ひとりでも多くの北見市民に伝えてください。
拡散してください。
そして声をあげて、どうかこの受け入れにストップをかけられるよう協力してください。協力しあってください。

ただでさえ拡散を抑えなくちゃならない放射線物質を、日本人自ら日本中に散りばめてどうすんねん!


リンク、トラックバックどうぞご自由にというかお願いします。

僕のチカラは微力過ぎます。
皆さんのチカラを貸してください。
それぞれがちょっとずつチカラを出せば必ず大きなものになります。

本当にお願いします。


スポンサーサイト
2011/06/02(木) 17:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
facebook
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。