カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bangaichicafe

Author:bangaichicafe
北海道網走から北見市へ移転しました。
[住所]北海道北見市美芳町3-1-7 丸定レンター1階
[電話]0157-57-1881
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]基本水曜日
[MAIL]bangaichicafe@snow.plala.or.jp
本当に美味しい珈琲、吟味した素材で作る軽食などを他にない穏やかな空間でお楽しみください。

QRコード
QRコード
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

オハロウゴザイマス。

信頼できる料理人のパイセンにお店をお手伝いしてもらうようになって、
捉え方、考え方、仕事そのもののやり方とか色々なことを学ばせてもらってる。

自分ひとりで思い込むんじゃなく、外からの意見やアドバイスを聞き入れることが出来るようになると、自分自身を変えられることに改めて気付いた。

この学びは大きいよ。

以来、お店に漂う空気が少しずつ変化して、訪れてくれるお客さんの表情、精神面で見えないけど伝わってくるものが変化し始めている。

とても、良い方向に。

まだまだ未熟さ溢れてるけど、日々客観視しながら変わってゆこうと思っている。

ヴィジョン見定めながら。



だけども自分の弱さなのか、時々不安定になることもあって、そうなっちゃうとあまり良い空気感を保つことが難しくなる。

話す訳でもなく、見せる訳でもないのに、そうなった時のレスポンスへの表れ方ってすごい。

まぁ、難しいことは抜きにしよう。

今回、詰まった時にアタマを過ぎったのは、ある整体院。
トモダチ数人から聞いていたお話。
そのことがアタマ過ぎって、「行かなきゃならない」って思った。

整体なんてまともにうけたこともない自分が何故か…

予約がいっぱいで、一見さんなんてスグに診てもらえることもないその場所へ電話。
「明日お願いしたいんですけど。」
電話かけた時はそんな混雑してる整体院とは知らずに無理なお願いを
言ってた自分。
でも、返答は、
「明日、じゃあ○○時に来てください」

なにかを悟られたのかな?

自分のことなんて知らないはずの先生は「もしかして番外地の?」とか言ってくるし、不思議がいっぱいあった。

施術も、聞いてはいたけど予想以上だったかな?
緊張もあって自分全ては曝け出さなかったけど、気付かれてそうだなw

全てが終わった感想。

視界が明るい。。

呼吸も違う。

注意点を色々うけて帰路へ。

お酒ダメ。激しい運動は避けて。とか色々。

副交感神経が活発になるらしいんだけど、そのせいか不思議と車に乗り、選ぶ音楽も違ってた。
とにかく、優しく柔らかい音楽を欲する。

さて、けど、そこで問題が。

昨日は数年振りに再会した音楽家たちのパーカッションライブが網走であり、行く約束をしていた。。

そのライブは激しいエネルギーが渦巻くことを知っている。

困った。けど、向かわなくては。。

施術後もうずっと、良い温泉にでも入ったかのような状態が続き、常に水分を欲し、代謝はすこぶる活発になり汗が止まらない。

そんな身体のままライブ会場へ。

水分補給を続けながら、最後尾で衝動を抑えながらライブを堪能。

なかなかの修行だった。

ひさびさの再会や乾杯(ノンアルコールw)を経て帰路へ。

そして新たに今朝目覚めた感想。

視界の明るさは変わらぬままだ。

まだまだメンタル・ボディ共に調整は
必要なようだが、今日からまた、昨日まで以上にイイ仕事が出来るよう自分へのイメージ付けを続けよう。

そんな、僕のお休みのお話。


今日も昨日以上目指して皆様をお待ちします。

23:30まで。

呼吸を整えて、できることを続けてゆこう。

宜しくお願いします!
スポンサーサイト
2013/09/11(水) 14:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
facebook
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。