カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bangaichicafe

Author:bangaichicafe
北海道網走から北見市へ移転しました。
[住所]北海道北見市美芳町3-1-7 丸定レンター1階
[電話]0157-57-1881
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]基本水曜日
[MAIL]bangaichicafe@snow.plala.or.jp
本当に美味しい珈琲、吟味した素材で作る軽食などを他にない穏やかな空間でお楽しみください。

QRコード
QRコード
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

久しブリログ。

益々仕込みと店頭業務でテンパってる店主は空き時間にTweetするのでイッパイいっぱいです。

でも実際お店はあまり忙しくなくてねー。。
もっと沢山のヒトに来てもらいたいですわ、実際。

利用者、利用頻度が少ないのは自分の努力不足。まだまだ努力しなくちゃね。自分。



今回はTwitter上で今日議論になった「人工甘味料の表示が必要か否か」ってことへのボクなりの見解を述べようと思って。

友人にもいるのですが、人工甘味料というものを摂取すると体調不良を起こす方がいます。
そこで、人工甘味料を使用する商品にはその表示をしてはどうか?って話だったんですが、これには賛否両論ありまして。。

マーク表示すべき、しないべき。。

ほとんどの場合は内容表示で確認できるのですが、なかにはできないモノもあるようです。

個人的な見解だと、マーク表示までは必要ないかと思います。
でもアレルギー表示があるように、消費者側の選択権がしっかりするように商品化してほしいとは思います。

これはね、そもそもね、内容表示や商品の表示そのもののシステムの甘さに原因があるんじゃないかな?

その甘さを利用して、ずる賢い提供を続けている商品、企業は沢山あります。

「人口着色料不使用」と安心感を与えながら天然着色料として虫を原料にした着色剤を使ったり、
内容表示を「クエン酸など」として比較的カラダに良さげに見せ、「など」の部分で様々な添加物を使用していたり、
この手の話はキリがないんだけどさ、

一番ボクが嫌いなのはキャッチコピーの詐欺まがいな売り方。

よく見ますよね?

「国産小麦使用」など目立つように品質の安全アピール作戦を。
たとえばコノ場合、国産小麦を使っているとは記しているけど「100%使用」とは書いてない。
つまり、ちょこっと国産小麦を使って、あとは海外産の安価な小麦を使っていたとしてもこの表示はOKです。

ボク個人が問題視してるのはこういうこと。

よくある気に入らない「ECO」を売りにした「エゴロジー商法」に近い世界。

選ぶのは買う側。
安けりゃいいさ。売れてるからいいだろ。って意見も正解。
選んでるんだから。買う側が。

ただ、本質を知らずに選んでいては何も物事変わらないんですよね。

それで多くのヒトが知らずと本来自然界にないものをカラダに取り込み、なにかが、バランスが崩れ、その先に生まれる子供達に今多くあるアトピーだったり、虚弱体質だったり。。誰も何も文句の言えない事実。

言いたいのは、選べる当たり前が必要なんじゃないかってこと。
今やスーパー行って、本物の醤油買うことすら難しい現代。
「醸造アルコール」ってなんやねん!て。

僕等が知らない、近所の酒屋さんが近所の皆さんの声を聞いてモノを揃え売っていた時代が今はあまり見当たらないんだ。

飲食店も、今は提供する側が扱うものの内容をきちんと理解して選んでいるお店は増えているけれど、コストだなんだでずる賢い商材を使い、都合のいい良さだけアピールしてる店はいくらでもある。そんなのオレは解ってるよ。

だからと言って、ウチが一切の添加物を使っていないかと言えばそれはウソ。
ウソは言わない主義っす。

でもできる限り、自分でイチから生み出すものには気を使い、来てくれるお客さまに「選択」やお金を支払う行為の意味を理解してもらいたいと思ってやってます。

で、ボクの結論。

消費者としての選択の自由をまやかしで奪うようなモノ作りは勘弁願いたい!

学もないし伝えたい気持ちが伝わるかわからないけど、精一杯キモチ込めて書いてます。

最後まで読んでいただき有難うございました!



明日は番外地は休みで夜はSTYLEさんのオープン記念パーティーのお手伝い。
幸せな時を共有できるその空間をイメージして、これから帰ってレコード選び始めます。

寝れなくなるかもしれないけど、同志のためにも集まる人々のためにも、喜ぶ顔を見るのはスゴく幸せなんで頑張るわ。



スポンサーサイト
2010/04/25(日) 00:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
facebook
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。