カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

bangaichicafe

Author:bangaichicafe
北海道網走から北見市へ移転しました。
[住所]北海道北見市美芳町3-1-7 丸定レンター1階
[電話]0157-57-1881
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]基本水曜日
[MAIL]bangaichicafe@snow.plala.or.jp
本当に美味しい珈琲、吟味した素材で作る軽食などを他にない穏やかな空間でお楽しみください。

QRコード
QRコード
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
18ページめ。
 

 
オレンジが何処かしらにあるページ。
内容的にはイマイチなページかなぁ。
映画のものがあったり、ビリヤードのヒトが変だったりするけど、ツッコミするまでのインパクトに欠けました。
 
そんな中から2点だけ抽出。
 

 
珈琲無料サービスなんてうちじゃちょっと考えられないサービス。
この時代だからこそ出来たサービスだろうか。
全体的なまとまり方とフォント(文字)が良いと思います。
 
 

 
「熨斗」をヒントにしたようなモダンデザイン。
贈答品でも扱った店なら良いラベルですね。
 
 
今日はこのくらいで。
次もお楽しみに。
スポンサーサイト
2016/10/30(日) 11:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
今日はこちら17ページめ。
 

 
地味な色合いのページだけど面白いものもあります。
 
 

 
見づらいけど、この時代から資生堂にはブレがありません。
ここから先のページでもちょこちょこ出てくるのでお楽しみに。
 
 

 
エクストリーム系の自転車屋でしょうか?笑
かなりぶっ飛んでますよね。
 
 

 
喫茶のマッチに蜘蛛の巣施す斬新さ。
 
 

 
雰囲気あるレトロ感。
伝えたいメッセージしっかり伝わって良い。
 
 

 
おそらく豹や虎は出してないと思います。
 
 

手書きのチープさはあるけど、好きなデザイン。
まさにマッチラベルをジャケット化させて見たり飾る楽しさが得られるデザイン。
 
 
 
お次もお楽しみに。
2016/10/29(土) 13:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
本日はこちら、16ページめ。
 

  
青みの強いラベルが集められたページ。
じっくり見てるといろいろありますなー。
 

いまもある、タバコのジャケットと丸パクりしたんだろうか…笑
店の名前がゴールデンバットっつうおでん屋なんだろうか。
 
 

 
小説の表紙のようでスッキリしたデザインと雰囲気あるフォント(文字)とで良い◎
 
 

 
温泉旅館・夏仕様。
ポップでいいね。
 
 

 
哀愁漂ってます。
 
 

 

 
この辺りの千疋屋さんのはカッコいい◎
果物と健康シリーズはどんどん果物から遠い場所へと旅立っているけれど。
 
 
色で手に取る人へイメージを与えるのも大事だな~と思った。
 
番外地も新しいマッチラベルの制作をスタートさせました。
そのうち出来たらお披露目します。

2016/10/27(木) 12:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
本日はこちら。

今日のページもいろいろあるなー。
 
 

 

  わるくはない。だけども「線」を活かしたデザインになりきれてない。笑
珈琲の湯気なのか紐が浸かってるのか曖昧。笑
蕎麦の印象ドンとくるけど器とのサイズバランスが。。
 
 

 

 
作者同じなのかな?笑
ぶっ飛んでるカフェ。
 
 

ただならぬ気配を感じます…
 
 

 
すんごく整っていていいラベルですね。
フォントも良いなぁ。
 
 
ここまで見てきても思うけど、喫茶・カフェのラベルにぶっ飛んでるものが多いですよね。
時代的な存在定義がなんなのか気になります。
 
我が番外地もこのくらいぶっ飛んだ立ち位置でやってられたら幸せにだなぁ。。笑
 
2016/10/24(月) 12:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 

今日のページからは下段4枚を抽出。
 
 

上手下手は別としてwテンションの高そうな店なことは伺える◎
 
 

僕が知っている津別町の名店西洋軒ではなかった。
これもテンションの高さがハンパないw
 
 

まさかですけど、、
 
まさかのまさかですけど、、、 
 
「網」=「アミー」って…
 
まさかね。。
 
 

このページいちばんのお気に入り◎
フォントもらしさ出てる。
 
 
お店の広告としてのマッチはそのからの連想だったり、イメージ的なカラーが感じられるかが大事。だと思う。
それが整ってるものは古くても現代的にも良く見えてくる。
次も発見あるかな。
 
2016/10/23(日) 12:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
13ページ目、
 

 
他でも見かけたものがダブったりもしてきた。
ダントツでアレが気になるが、その前に、、
 

ほんとこんなロケーションと佇まいなんだろうか??
見てみたい。
 
 
気になるやつとはコレ。 

 
いったい何をどーしてコレで良いとなったのかを聞きたい。笑
逆に気になるミステリアス感をもしかして狙ってるのか。。
 
なんでもありなラベルも、コレクション眺める楽しみのひとつと捉える。
  
参考になるものが見当たらないことだってあるさね。
また次回へ。
2016/10/22(土) 12:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
その12
  

 
11ページ目はなんだろ?標語集みたいなページ。
風刺を効かせたものなど、当時流行ったスタイルなんだろうな。
 

   
デザインそのものにグッとくるものがある訳ではないので、
今日は軽~く紹介するだけで。。
メッセージを1枚のラベルに託すってカタチ、おもしろい。
宣伝マッチもそうだけど、限られたスペースに何を詰め込むのか。
 
一定の制約がある中で作るものは作り手のオリジナリティーが活かされるものだからな。
 
役割としては現代のショップカードと同じような立ち位置なんだけど、立体物になってるだけで存在感は大きくなる。
 
まぁ現代の感覚としてはここまで宣伝経費使えないのが実状だとは思うけど。
よし、また次回◎
 
2016/10/21(金) 12:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
その11
 

 
今日はたくさん抽出してみようかな。
 

 

 

 
何のマッチかわからないシリーズ。
 
 

 
ぱっと見タクシー会社とは気づきませんでしたけど主張伝わる作り。
 
  

 
時代の流行もうかがえるデザイン。
 
 

 
純インドイメージ。
 
 

 
水道局もマッチ配ってたのかな。普及させるために。
 
 

 
なんかかっこ良く見えちゃうのはフォントのせいか?
 
 
  

 
 
 
健康と果物シリーズはまだ続いてる。
どこへ向かおう千疋屋。
 
 
  
今日のページは拾えるものいろいろでした。
 
ラベルから想像するそれぞれの世界。
おもしろい。
 
また次回へ。
2016/10/20(木) 11:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
その10
  

 
んー、今回はそんなにグッとくるものが少ないかな。
右上の千疋屋さんがちょっとシフトチェンジしてきて良くなりつつある。
あとこの千疋屋さん、
  

 
作り手が変わったのかかなりテイストが変わっていい感じ◎
 
あとはインパクトでこれだね。

 
ここからなにも店のイメージ沸かなくて足踏み入れるのは躊躇します。。
 
次はもっといいのが見つかるかなー。
 
2016/10/18(火) 10:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
9ページ目、こちら。

どこかしらに青みのあるものが集まったページ。
 
「皮膚チャージ」ってフレーズが気になるけどスルーして…
 

温泉モノは個人的に好きなアースカラーが多く使われるから余計に目がとまるのかな。
 
絵がわりあいポップで良い◎
 
 

シンプルだけど、雰囲気あって好きなラベル。
どんなお店か書かれてる訳じゃなくても店のイメージが連想できるデザインだと思います。
 
 

色使いがなかなか良い◎
「タイル」を平面的にデザインとしてあしらったようなところが惹かれます。
漢字フォントも好みだなぁ。。
  
番外地も新たなデザインでマッチラベルが作りたくなってきました。
 
 

1932年!のロス五輪マッチラベル。
その位の年代に多く収集されたものなのか…と、改めて驚き。
 
で、オリンピックのマッチって…見たことない。貴重ですね。
 
 
今日も抽出していてワクワクするものがたくさんでした。
1930年代。
この頃のデザインが2016年の自分をグッと惹きつけるってやはり凄い。
 
ブログに綴りながら本人が一番楽しんでいるという…
や、それがいいのか◎
 
まだまだ続くよ燐票散歩。
 
また次回。
2016/10/17(月) 12:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
本日はこちら、

 
ん?

このフレーズ、、昨日紹介したポパイノリで失敗した感いっぱいのラベルの続編だ。。
 
しかもこれ千疋屋さんだったんだ。
 
ブレのないお店と思っていたけど、ブレてる時期もあったのね。笑
野球関係ないしょ。
 
 

「高級」をどうやって想像したら良いだろう。
 

温泉旅館はやっぱり目が止まるな。
絵は若干中途半端に思うけど、このフォント(文字)はいいね。
 

名前はさて置き雰囲気はあるね。
 

このページでダントツに好き。
単色刷りでメッセージも雰囲気もバッチリ◎
構図もフォント・ロゴもいい。
 
このレトロ感はレトロファンを唸らすね。
  
 
 
今日のページも楽しませてもらいました。
 
最終的には店主の選ぶ10作品位をまとめてみたいもんです。
 
ではまた次回◎
2016/10/16(日) 12:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
7ページ目、
メタリックな色の物語多いページ。
格子柄もチラッと。
 

 
このページにも同じデザインで店の違うものがあるな。
オリジナリティーが薄くなるから個人的にはナシだけど。
 
突っ込まずにはいられないもの、ありますねぇー、。笑
 

ただのシルエットかと思いきや、守護霊または背後霊がいるね。作者の思いと裏腹に。
 
 

果物食べて健康を手に入れよう。
って趣旨は伝わるんだけど…
 
なんだろ、このポパイノリで失敗した感の否めなさ。。
 
 

デザイン的にはとってもいい。
けれどTEA&WINE要素がさ…
 
 

これはこのページでダントツに好きでした◎
 
濃いめの青にゴールドを合わせるセンス、
山や雲のディフォルメ具合い、
何よりフォント(文字)のセンスがたまらない◎
手前の樹がもっとディフォルメ出来てたら完璧に好み。
参考になる。
 
今日で約1/10。
このノリをどれだけの人が見続けてくれるかは知らないけど、
まだまだ続いてゆきます。
ではまた次回。
2016/10/15(土) 10:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
6ページ目、

地味な色合いでまとまっております。
 

手描きならではの良さ、雰囲気出ていて良いです◎
 

ひらがなで「うぇるかむ」。
シルエット使ったシンプルな構図に遊び心をさらっと入れた粋なラベル。
 

カフェー・さんせー
この角度使いはなんなんだろう??
シュールな世界観を感じる。
 

決して上手ではなく思う絵もこの時代の流行りだったりしたのでしょうか?
カフェーでこんなに寛いで良いの?って位の寛ぎっぷりですが、よく考えたら番外地ではよくある光景でした。笑
 
 
次はどんなマッチに出逢えますやら。
お楽しみに◎
2016/10/13(木) 12:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 

さ、5ページ目。
 
4ページ目との見開きで「赤」がテーマだと思いますが、こっちはどこかしらに赤が含まれるラベルが集められているかなぁ?と。
 
いまも変わらぬ「味の素」や、この先もチョイチョイ見かけることになる「千疋屋」のハイカラ感も目に止まる。
スタイルがブレないって点はやはりすごい。
 

 
んーと「蓄音器祭」かな?
そんなんかなり気になってしまう。
想像したら楽しそう…
 
 

 
これは教会のマッチなのかな。
教会がマッチ作るのかな。
おそらく2色プラス金色十字架。
少ない色数で情景が伺えるいいデザインですね◎
 
 

 
この時代のカフェは「カフェー」と表記してたんだろうな。
カタカナでこう表すとちょっと間抜けに感じてしまうけど…笑
 
なんか、ダンサブルな人影があるように思うんだけど、、 
 
どんなカフェーなんだろ??
ダンスホールカフェーでしょうか??
テンションの高さがうかがい知れます。
そのテンションとは対照的に名前が「キラク(気楽)」というのも興味が増す。
 
 
今日は水曜臨時営業日。
ハイテンションでキラクな営業でもやろうかな。
ハイテンションが無理だろな。
 
PCからこのブログ見てくれてる方達にはバナーリンク貼って番外地プリンのweb通販見れるようにしてますが、
スマホに反映されてないのでリンクここに記しておきます。
ちょっとは宣伝もやらないとね。
北海道産、特にオホーツク産の吟味した素材で受注生産発送する番外地プリン。
自分で言うのもなんですけど、、美味しいですから是非一度ご賞味ください◎
Yahooショップも地味にありますが、
このオフィシャルサイトからのご注文が送料割安です。
チルド発送なので送料安いほうが良いよね。
番外地プリンweb
 
それではまた次回。
2016/10/12(水) 11:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
 
4ページ目、明日の5ページ目と見開きでたぶん「赤」がテーマ。
 

 
和服の中にもあったけど、麻の葉柄があちこちで観れるのが嬉しい。 
伝統的な和柄としてこのデザインがある背景をもっと一般的に知ってほしい。
 
「麻のようにすくすく成長してくれるように…」って願い込めて子供に麻の葉柄を着せる機会の多かった、大麻を法で取り締まることなんて想像してすらいなかった時代。
 
大麻と覚醒剤が同等の危険があるという、それこそそう捉えてしまうことのほうが危険に繋がる教育が行われ続けてる現代。
 
そのほうがよほど危ないと思うのだが。
 
話が逸れたけど、麻の葉柄や大入袋の柄には名前があるものも多く、芸妓さんたちの名刺代わりだったのかな?とも思う。
同じデザインで人名だったり店名入りの広告だったり変化してるのも興味深い。
 
使い回しは言葉が汚く感じるけど、理に適った手法というか。
 

いいデザインの猫がいた。
ん??天狗。
 

あ、天狗いた◎
満を持しての本打ち登場。
(その2を参照ください)
 
 

 
このデザインも惹かれた。
ホテルのマッチのようだが、シンプルな構図や色数の少なさから訴えたい、イメージさせたいものが伺える。
  
葉のしげる自然多い中、木漏れ日の先にある温泉宿。
を想像してしまうよね。
 
今にも通用するデザインだと思う。
 
今日はこんなところで。
 
何ページも数を見ていくことでデザイン的に偏ったコレクションじゃないのも面白さのひとつ。
お気に入り、見つかりましたかね?
2016/10/10(月) 11:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~ 
3ページ目は昨日に続き見開きでの和服テーマ。
お写真こちら◎
 

 
ツッコミたいもの何点かあったけど、今日はバシっと淡白に。
 

 
「無」
ダントツの無表情だったこちらを今日は抽出。
何のマッチなんだろうなぁ~。。
 
明日も更新予定◎
久しぶりに再開したブログなのにじわりとランキング上がってる不思議w
 
まだまだ愉快だったりカッコいいラベル紹介は続きます。
お楽しみに。
2016/10/09(日) 12:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。喫茶店店主の独自解説で1ページずつ見つめてまいります。~
 
2ページ目、
 

 
次のの3ページ目との見開きで、おそらく和服がテーマになっているのだと思います。
 
店主好みのレトロ感はあまりないんですけど、
時代を感じますよね~。
 
じゃあ今日は突っ込んでいきましょう◎
 
  

とんかつ感が見当たらない。。
 

せんべいらしさが見当たらない。。
 

天狗の要素も見当たらない。。
 

もはや何屋かもわからない。。
 
4コマツッコミ以上。
次もお楽しみに。
2016/10/08(土) 13:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

~個人収集家が残した歴史感じるマッチラベルコレクション。店主の偏った視線から1ページずつ見つめてまいります。~
 
パッと見、このコレクションを見たときは見開き2ページでテーマ化されてスクラップしてるのかと思ったけど、1ページずつ写真に収めてみると、1ページごとに作者の想いやテーマがあるように見えてきた。
 
貴重なマッチラベルコレクションを1ページずつ、店主の勝手な視点で推測したり品評したりするこの企画第一回目。
 

 
1ページ目はブルーグレイ・ちょっと霞んだベージュなどの色味を意識したようなコレクション。
 
マッチラベルはこの小さな枠の中に表現を詰め込む独特の面白さがある。
 
今の常識では考えられないようなものがあったり、歴史を感じながらひとつひとつの世界や背景を想像するとおもしろい。
 
言ってもパソコンなどない時代のもの。
 
手描きでのデザイン。
 
センスがあったりなかったり。
 
中でも注目してしまうのは、現代でも通用するようなデザインもその中にはあって、当時のデザインに対する意識・思考の高さを考えさせられたり、自分が何かをデザインする時のヒントになったりする。
 
このページの中で一番目に付いたのはこれ。
 

「喫茶食事・リップル」
 
少ない色数の中で店の世界観を訴えられているようで興味をそそる。
 
上段の4枚はそんな思考レベルのお仕事が感じられるものが多い気がする。
 
そう、おそらくの推測だけれど、当時のマッチってスナックのライター合戦よりももっと、「広告」としての役割が大きくて広告会社のようにマッチ屋さんが色々提案しながら作品を産んでいたんじゃないかな?と。
 
これから進むにつれて見えてくるけど、製作者の意図や美学もうかがい知れてきます。
 
「マッチ」ってものに独特の魅力を感じる自分。
 
なぜだろうか?平たい紙に印刷したものがマッチという立体物になることでなぜか存在感のやうな魅力が増す。
 
最近改めて気付かせてもらった、建築の図面・設計図などと模型を見比べた時に生まれるインスピレーションの違いのような感覚かな。
 
明日2ページ目もお楽しみに。
 
ちなみにうちは喫茶店です。笑
 
自慢の珈琲・プリンもよろしくお願いします。
プリンの通販もありますので。番外地プリンweb
 
#マッチ #燐票 
2016/10/07(金) 13:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
facebook
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。