カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

bangaichicafe

Author:bangaichicafe
北海道網走から北見市へ移転しました。
[住所]北海道北見市美芳町3-1-7 丸定レンター1階
[電話]0157-57-1881
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]基本水曜日
[MAIL]bangaichicafe@snow.plala.or.jp
本当に美味しい珈琲、吟味した素材で作る軽食などを他にない穏やかな空間でお楽しみください。

QRコード
QRコード
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

ハリウッド映画なんぞ全く興味の湧かない、おすぎさんには到底及ばぬ自分なのだが、ずっと観たかった映画があった。
先日それを先に観た友人で写真家のButcherのススメもあり、ようやく観ることができた。

珈琲発祥の地エチオピアの珈琲農家の貧困という実状と、先進国側の横暴な価格コントロールなどを追ったドキュメント映画。

【おいしいコーヒーの真実】

もしもコレを読み、この映画を知らず、珈琲が好きだとおっしゃるのなら、必ず観ていただきたい。。

「安けりゃいいしょ」とスーパー・コンビニ・飲食店で珈琲を【買う】という行為をしているのならば、その安さの意味から見えてくる生産者の声に耳を傾けてほしい。

平和や本質的な平等は「金払ってるんだからいいじゃん」の日常続きじゃ、いつまで経っても訪れるはずなんかない。

便利や安さの【裏】には見えないヒトの苦しみがあることが少なくはない。

言いたいことも言えないで、この世を生きてるなんて思えないから、何度だって言い続けるけど、
テレビや新聞が伝えることが真実だとは限らないんだ。

それが一番わかり易い報道が「大麻」問題なわけだけど、ま、この話はまた今度。
この不条理は長くなるからね。

一家に一枚保有して、我が子が珈琲に興味を持つ頃に観せてあげてもらいたい位ですが、レンタルでも観れるようなので、先ずはご自身でご覧になってみてください。

より多くのヒトに知ってもらいたい話なので、本当は上映会も考えてました。
ただ、それには沢山の協力が無いと実現できません。
ひとりでも協力してくれる方が増えてほしい想いもあるので、ここで書かせていただきました。

エチオピアだけじゃなく、各国の珈琲農家の貧困が少しずつでも減っていけることを願ってます。

スポンサーサイト
2009/02/10(火) 22:18 | コメント:2 | トラックバック:0 |
検索フォーム
facebook
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。