カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

bangaichicafe

Author:bangaichicafe
北海道網走から北見市へ移転しました。
[住所]北海道北見市美芳町3-1-7 丸定レンター1階
[電話]0157-57-1881
[営業時間]12:00~18:00
[定休日]基本水曜日
[MAIL]bangaichicafe@snow.plala.or.jp
本当に美味しい珈琲、吟味した素材で作る軽食などを他にない穏やかな空間でお楽しみください。

QRコード
QRコード
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

トースト

喫茶店の軽食定番【トースト】。
もちろん番外地カフェでの定番メニューでもあるのですが、この度仕入れ先のパン屋さんが廃業することとなり、今までのパンでの提供ができなくなります。。

時代は流れて行くものなので、始まりがあれば終わりもあるのでしょうが、番外地カフェの前にあった【珈琲館シュール】の時から多くの方に好かれていたパンでもあるので、非常に残念です。

お世話になったスタッフの皆様、今まで本当に有難うございました。

今ある在庫をもって、これまでのパンでの提供は終わりとなりますので、何卒ご了承願います。




3月からは、新たなパンになります。
長年、揺るぎない想いで作り続けている街の小さなパン屋さん。

新しいトーストメニューも加わります。2周年を境にチェンジする番外地のトーストたちをこれからも宜しくどうぞ。




スポンサーサイト
2009/02/28(土) 14:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

海外からのアンティークな雑貨に続き、昭和レトロな器たちを地道に陳列始めました。

正直手放したくない、店主の趣味で集められた器ちゃんたち。
どうしても可愛がってあげたくなるような出会いがあれば、是非そばに置いてやってください。


昭和レトロ


実際に手にとってみると、より素敵さが伝わると思います。

スペースの都合上まだ全ては出し切れていませんが、徐々に陳列していきます。
お楽しみに☆


2009/02/26(木) 14:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

乳化剤、光沢剤を使わない、有機素材の無添加チョコレート【珈琲豆チョコ】が再入荷しました。
今回は店頭に並べて販売してます。
でも、やっぱり数はわずかで、今シーズンの入荷は最後になる予定です。
珈琲豆の苦味とチョコの甘さが調和する美味しさはクセになります。
お早めにぃ~。
coffee choco
2009/02/22(日) 19:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

本日、吹雪による悪天候のため臨時休業とさせていただきます。

問い合わせなどございましたら店舗(0152-43-7110)までご連絡ください。

何卒ご了承願います。。
2009/02/21(土) 10:09 | コメント:4 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

海外雑貨
先ずは海外から集められたアンティークな食器を中心とした雑貨たち。
ごくわずかしかありませんが、貴重で素敵なモノたちばかりなので番外地ついでに覗いてってください。

今後は食器を中心に昭和レトロなアイテムが順次加わっていく予定です。

2009/02/19(木) 22:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

こないだ日曜は斜里町で行われた【ゆるやかフェスタ】へ出店。

まだまだ出店ってのは不慣れで、前日は準備作業が夜中までかかってしまった。
珈琲を販売するだけでも、何かと必要なものが多くて…
店を飛び出しての出店と言えど、お店と同じレベルの味に近付けなければ意味が無い。
【水】ヒトツで全く味が変わってしまうのがウチの珈琲。
それだけ、鮮度と品質が良いってことなんだけど、やっぱり手は一切抜きたくないし、常に頭を過る開業前の焙煎師「はぜや」さんとの約束「珈琲の本当の美味しさを共に広めて行きましょう」という言葉。
開業当初は技量の足りなさで思うような味が提供できなかった歯痒さで、悔しい思いをしていたけれど、今はその時とは違う。だかからこそ今のチカラで可能な完璧に近付きたい。。
その一心で望む出店業務。店以上のモノを背負っているんだろ俺!

実は出店数日前に体調を崩し、どうやら急性腸炎になってしまったようでギリギリまで体調が優れませんでした。
ただ、どうしても楽しみだったコノ日に「穴」は空けたくなかったから、気力で当日にはほぼ回復を果たしての出店。おのずと気合いは入るっつう。

がしかし、助っ人として予定していた相方が続けざまに腸炎に倒れ、当日はピンでの出店になってしまった。。

焦るねぇ。。

でも、周りのサポート、お客さんの優しさに助けられながら良いイベントを経験できました。

いつもよりも、お客さんとの距離が近いなかでのお仕事。

年配のお客さんが言ってくれた「こんなに丁寧に入れる珈琲飲んで帰らなかったら勿体ない」って言葉だったり、抽出で豆が膨らむ光景に驚き楽しんでもらえたり、「麻」という植物の価値を真剣に聞いてもらえたり…

非常に意味深い一日を過ごせました。。

緊張と慌ただしい準備の中、関係者の方々への挨拶も完璧とは言えなかったけど、本人的に楽しませてもらいました。

来ていただいた皆様、有難うございました!

またの機会が既に楽しみです。関係者の皆様、次回も宜しくお願い致します!



昨日は、その「ゆるやか」で買った、あんずっこcafeさんの美味しいパンと麻の実油のコラボを楽しんでみました。。
これが最幸美味しかった!
粉本来の甘みが広がる美味しいパンに、麻の実油の香りがマッチ。
どんな手のこんだパンよりも、このシンプルな組み合わせが旨い!

これで栄養まで取り込めるんだから嬉しくなるわ。
麻の実油は高価なモノだけど、これを食べたら納得しちゃうね。

麻の実油とパン

2009/02/17(火) 19:14 | コメント:4 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

問い合わせも多かった豆の販売を始めます。

14日(土)から。

価格は、

クラシックブレンド - 100g / \500(税込み)
ディープブレンド  - 100g / \550(税込み)

となります。
もちろん、挽き売りも行います。

ただ、番外地カフェは基本的に店主ヒトリで切り盛りしてます。そのため、繁忙時などの場合は喫茶を優先させていただきますので予めご了承ください。
それと、本当に鮮度の良い豆ですので、抽出方法や水など様々な条件により味には差が生まれます。その点もご了承の上お買い求めください。

世界トップレベルの鮮度・品質を是非、ご家庭でも楽しみませんか?

2009/02/12(木) 20:31 | コメント:3 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

ハリウッド映画なんぞ全く興味の湧かない、おすぎさんには到底及ばぬ自分なのだが、ずっと観たかった映画があった。
先日それを先に観た友人で写真家のButcherのススメもあり、ようやく観ることができた。

珈琲発祥の地エチオピアの珈琲農家の貧困という実状と、先進国側の横暴な価格コントロールなどを追ったドキュメント映画。

【おいしいコーヒーの真実】

もしもコレを読み、この映画を知らず、珈琲が好きだとおっしゃるのなら、必ず観ていただきたい。。

「安けりゃいいしょ」とスーパー・コンビニ・飲食店で珈琲を【買う】という行為をしているのならば、その安さの意味から見えてくる生産者の声に耳を傾けてほしい。

平和や本質的な平等は「金払ってるんだからいいじゃん」の日常続きじゃ、いつまで経っても訪れるはずなんかない。

便利や安さの【裏】には見えないヒトの苦しみがあることが少なくはない。

言いたいことも言えないで、この世を生きてるなんて思えないから、何度だって言い続けるけど、
テレビや新聞が伝えることが真実だとは限らないんだ。

それが一番わかり易い報道が「大麻」問題なわけだけど、ま、この話はまた今度。
この不条理は長くなるからね。

一家に一枚保有して、我が子が珈琲に興味を持つ頃に観せてあげてもらいたい位ですが、レンタルでも観れるようなので、先ずはご自身でご覧になってみてください。

より多くのヒトに知ってもらいたい話なので、本当は上映会も考えてました。
ただ、それには沢山の協力が無いと実現できません。
ひとりでも協力してくれる方が増えてほしい想いもあるので、ここで書かせていただきました。

エチオピアだけじゃなく、各国の珈琲農家の貧困が少しずつでも減っていけることを願ってます。

2009/02/10(火) 22:18 | コメント:2 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

先週土曜日のSoul Shakedown Partyにご来場くださいました皆様有難うございました。。

お陰さまで、かな~り素晴らしいパーティーになったと思います。

色んな勉強にもなってホント満足な夜。。




パーティースタートの2時間ほど前に現場到着。HOOPLAのスタッフ、既に着いていた各DJ陣に先ずは挨拶!と周りを見渡して二度見。
THA BLUE HERBのDJ DYE君発見!思わず笑っちまった。
「遊びに来ちゃいました~(by DYE)」って。嬉しさと有難さで最初からテンション上げられた。

ブース・フロアでは今回アルバムリリースツアー・ファイナルの地に北見を選んでくれたスペシャルゲストのO.N.Oさんがサウンドチェック中。

積み重ねた経験、音への果てない執着心が築くO.N.Oさんが手がける「鳴り」はハンパない。。何十と並ぶイコライザーの周波数それぞれに耳を凝らし調節してゆく。
その日、その瞬間の「完璧」に近付こうとする姿勢にはホント頭が下がります。

より完璧を目指すため、若干時間が押し気味だったので他DJ陣や札幌からのDYE君等サプライズなメンツと共に一足先に今夜の「飯」へ。
もはやパーティーはここから始まると言っても過言ではない、レペゼン北見の焼肉屋「ほりぐち」さんへ。
ここの焼肉を知って以来、あまり他で焼肉を食べることが無くなってしまった、その位衝撃の大きなお店。
店主のこだわり「刺身で喰えねぇ肉は出さねぇ」の言葉通り、何食べてもその旨さに腰が砕けます。
スペシャルゲストを差し置いて、皆で肉に夢中に。一足遅れてO.N.Oさん等残りのメンバーも揃い時間ギリギリまで焼肉を堪能し、HOOPLAへ戻る。
今日も既に数々の「笑い」が巻き起こっている。うん、いい夜になるよ絶対に。。

間もなくパーティースタート。
S.S.P.としての相方FANTAがこの日のトップ。
いつもと違うディープめなハウスミュージックにオープン直後から集まり始めた音好き達が群がる。

少しずつフロアが暖まり始めた辺りで自分へバトンタッチ。次のDJ、盟友KO-TAへのアシストを意識しながら1時間ほどの空間コントロール。

そしてKO-TAのプレイへ。3台のターンテーブルをフルに使い、音と音との絡み合いが絶妙なKO-TAのプレイに気持ちも高ぶる。
10年ちょっと前、DJとして歩き出した時にはこの手のサウンドでミンナが楽しむ光景なんて想像できなかった。でも今はその光景が目の前にある。嬉しい瞬間だ。

そして続いてお待ちかね、今夜の主役O.N.Oさんのライブへ。数々の現場を通じて磨かれてきた音達の集大成。音の潜り方も上がり方も全て忘れ去られた時間と共に表現しようのない境地へとフロアごと導かれて行く。

ライブが終わった瞬間、あれだけ熱してたフロアが静寂に包まれた。

皆が何を語るでもなく、呆然と立ちすくんでいる。

おそらく皆の意識はこうだったんだろう。
「今日の夜はまだ終わらないけど、ライブは着陸した。そしてそのフライトはとてつもなく最幸だった」と。

静寂を切り裂いて続くはSAIZEN。彼もまた今日の為に札幌から来てくれた盟友。
緻密なイメージから生まれるテクノ空間はフロアを冷まさない。まだ夜が終わらないことの証。

その頃にはかなり泥酔者が続出してたねw

DYE君とかww

調子のいい酔っぱらいばかりだけど、ほんとに温かくって楽しい奴らばかり。

その後のDJは各DJがノリに任せてショートセットで繋がって朝へ向かった。

このメンツだからこそ、こんなにも素晴らしいと思える夜を過ごせたんだと思う。
協力してくれたスタッフ、各DJ陣、O.N.Oさん、集まってくれた全員。みんなのチカラでこんなにも幸せな気分へ導かれました。

ありがとうございます!

次のS.S.P.もお楽しみに☆
すでにFANTA氏が次の計画を企てています。。

以上、パーティーリポートでした。

2009/02/09(月) 21:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

SUN.01.FEB.2009【Chill Out & Relax 02】@Bangaichi cafe

butcher's photo 1

butcher's photo 2

butcher's photo 3

butcher's photo 4

butcher's photo 5

butcher's photo 6

butcher's photo 7

butcher's photo 8

butcher's photo 9

butcher's photo 10

photo : Butcher
2009/02/05(木) 15:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

調子のいいことだけを連ねたプルサーマル計画に対するTVCMを観た。
きれいごと並べて安全をうたってメディアの強い力に乗せ理解と支持を求めるそれ。

実態を知れば知るほど、危険で馬鹿げた計画。

これを北海道(知事)が承認すると言うのなら、知事にはその権力以上の強い圧力をかけられる存在が裏にあるのではないか?

中身を知って無駄と危険性を考えた時に、一体誰がこの計画に賛同するのだろう?

この計画を中止させようと動いているヒト・組織は色々とあるんだけど、その意思をより強く訴えて行くには道民一人ひとりの「声」が必要です。

未来を生きる子供達に危険や不安を残したいですか?

いいえと思う方、計画を中止させる取り組みに手を貸していただけないでしょうか?

思っただけでは何も変わりません、動きません。
簡単でもちょっとしたことでも「行動」することがチカラに繋がります。

やり方は簡単。知事宛に反対の声を届けるのです。

宛先は、
郵便の場合【〒060-8588 北海道知事宛】
FAXの場合【011-241-8181】


自分の住所・氏名を明記し反対の意思を綴る。
例として、ハガキの場合

高橋はるみ北海道知事様

○プルサーマル計画の是非について道民の意見を聞いてください。
○プルサーマル計画を受け入れないでください。


それ以外は自分の思うことを文でも絵でも構わないから書き込む

ただそれだけ。

ヒトリでも多くの声が集まることで、それはチカラになります。
行動してみようと、もし思ってもらえたのなら、次はあなたが周りを巻き込みより大きなチカラに繋げることです。

参考までにそういった活動を行っている組織のH.P.ですhttp://www.peace-forum.net/blogeuc/

店頭にプルサーマルの実態に関するフライヤーもあります。宜しければ店頭でご覧ください。

長々失礼いたしました。。






2009/02/04(水) 18:51 | コメント:3 | トラックバック:0 |
●営業案内● 定休日は基本水曜日です。

群れない自分にとって、あなたは師のような存在でした。

店を立ち上げる時。孤独に行き詰まる時。様々な節目において、あなたからいただいた言葉や笑顔を思い返し、「まだ足りない、まだ行ける」と自分を奮い立たせてきました。

若き日の苦悩・葛藤を乗り越えた上でのポジティブな思想、

築き上げた自身のスキルを未熟な自分にまで分け与えてくれる優しさ。

全ては、悩みの先に辿り着くあなたの言葉。

「何とかなる。大丈夫だ!」


頑固なあなたのことです。もしも何かの痛みを気付いていたとしても誰にも見せずに戦っていたのかもしれません。

今はただ、簡単などこにでも転がる言葉しか見つかりません。

ありがとうございます。ゆっくりお休みください。

私達それぞれの心の中でいつまでも変わらずに生き続けてください。

分け与えてもらったこの恩を大切にしながら、

追い越すことはできないから、追い付こうとはせず、

あなたがそうだったように、自分なりの我が道を切り開いて行きます。

カタチを失い、魂として再び出会うその時まで、どうか見守っていてください。

今夜はマーヴィンを聴きながら、あなたを思い一杯やります。。


本当に、有難うございました。

Rest In Piece .....

2009/02/03(火) 21:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
facebook
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。